空想委員会

Official Website

  • ツイッター
  • フェイスブック
  • ユーチューブ
  • ライン
  • ラインブログ

SUPPORT

団体で楽しむための方法

団体でライブを楽しむための方法を提案いたします。

ライブに参戦する意気込みを回りに発表する

まず、これが最初の段階です。
ライブ当日に団体で楽しむためには仲間を募らなければなりません。
Twitter、ブログなどで自分がライブに参戦するということを世界に発信しましょう。
「○月○日、○○のライブに参戦します!」
ただ、これはあくまでも決意表明です。
自分に言い聞かせるため、自分のテンションを上げるための手段です。

仲間を探している人はいないか、探してみる

世界にはあなたのようにライブを一緒に楽しむためのお友達を探している人が大勢います。
ただ、あなたのところにその情報が入ってきていないだけなのです。
SNSでバンド名やイベント名で検索をしてみましょう。
あなたと同じように仲間を探している人はいませんか?
もし見つけられたらならば、これはチャンスです。
是非メッセージなどを送ってコンタクトを取ってみましょう。

コンタクトを取るときは、まず第一に「礼儀」を重んじること

顔が見えないネットの世界だからこそ、礼儀を大切にしなければいけません。
仲間を探している同士とはいえ、「まだ」あなたは仲間ではありません。
礼儀を欠いた文章でメッセージを送るのはやめましょう。
「挨拶」「お礼」など、日常生活で大事なことはネットの世界でも大事なのです。

ライブ当日までに徐々に仲良くなっていこう

いきなり十年来の友人のように振舞ってはいけません。
徐々に仲良くなっていけばいいのです。
ただ、打ち解けすぎも注意です。
相手の顔が見えませんので、個人情報を簡単に教えてしまうのは危険です。

ライブが近付いたら約束をしよう

ドキドキの初対面はライブの前日か、当日になるでしょう。
一体どんな人なのか、仲良くなれるのか不安な気持ちもあると思います。
でも大丈夫です。
既に音楽があなた方を繋いでいます。
怖がらずに会う約束をしましょう。

約束はしっかりしよう

せっかく集合する約束をしたのに、約束の仕方が雑だったため会えないのではあまりにも悲しすぎます。
集合場所、時間、当日の服装など、可能な限り情報を交換しておきましょう。
それでも会えないときはどうするのか、まで考えておきましょう。
ライブ前にテンションを落とすのは得策ではありません。

空気を読んで行動しよう

学生生活を送ったことがある皆さんならばわかっていると思いますが、団体行動は空気を読むことが大事です。
あなたのお勧めプランを押し通すために集合したわけではないですよね?
みんなが楽しめるように気を使いましょう。
それが出来たならば、ライブがもっともっと楽しくなるはずです。
ライブを最高の状態で楽しむために、今はその下準備をしているのです。

とにかくいっぱい話をしよう

会場への移動中、会場に入ってからライブが始まるまでの間、物販の列に並んでいる間など、時間はたくさんあります。
その間、せっかく知り合った仲間と出来るだけたくさん話をしましょう。
そこでの会話の全部がライブの思い出になります。
団体だからこそできる思い出の作り方です。

ライブ中にみんなで一緒にできることを確認しておく

例えば、ライブで演奏される曲の中に「一緒に声を出す曲」や「一緒に手拍子、ジャンプをする曲」があるかもしれません。
そういった曲が演奏されたときはチャンスです。
団体の力の見せ所です。
「一緒に声出そうね」とか、「一緒にジャンプしようね」って約束しておくのはいいかもしれません。
ライブとはいえ、やはり周りに人がいるときは恥ずかしさもあります。
でも、みんなで一緒ならば怖くはないはずです。
ステージ上の演奏者が煽ったときに、一緒に盛り上がるための約束をしてみましょう。

ライブ中はステージに集中、ライブが終わったらまた仲間の下へ

ライブの最中は100%ステージに集中しますが、ライブが終わったら仲間の下へ帰ってください。
ライブ後に感動を分かち合うことで、ライブの楽しさは倍増します。
あなたの感想を話してください、そして相手の感想を聞いてください。
あなたの感想だけでなく、相手の感想もあなたの記憶としてライブの思い出になります。

また会う約束をしよう

ライブが終わったら、一人ひとりがそれぞれの生活へと戻っていきます。
楽しかった時間は永遠ではないのです。
しかし、それがいいのです。
必ず、また会う約束をしましょう。
次のライブでまた会う日まで、お互いに頑張り続けることを約束するのです。
そうすれば、ライブが終わってもあなたは一人ではありません。
ずっと繋がっているのです。

ライブの感想を世界に発信しよう

その日のライブの感想を、新しく出来た仲間との思い出も含めて、Twitterで呟くなり、ブログに書くなどして世界に発信しましょう。
仲間の呟きやブログにコメントを送るのもいいでしょう。
自分の呟きやブログにコメントを貰ったらきっともっと楽しくなります。
そして、それを読んだ世界の人々は、「あぁ、ライブっていいなぁ。自分も仲間とライブを楽しみたいなぁ」って思うかもしれません。
そんな人が、あなたに「仲間募集してます!」ってメッセージを送ってくる日が来るかもしれませんよ。
そうやってどんどん仲間の輪が広がっていったら素敵ですね。

団体と言うものには少なからず制約がありますが、団体でしか味わえない感動があるのも事実。
是非ともライブの時に一人では作れない、最高の思い出を作るための参考にしてくださいね。